今回は「週刊ビッグコミックスピリッツ」創刊40周年を記念して公開された「ぐるぐるスピリッツ編集部」をご紹介します。

 

「週刊ビッグコミックスピリッツ」は、1980年10月に小学館から創刊された週刊漫画雑誌です。

「ぐるぐるスピリッツ編集部」では、小学館のエントランスから2階の受付と展示室、6階にある編集部の内部までぐるぐる探索することができます。

 

Matterport(マーターポート)3Dモデルを見る3Dバーチャルツアーだけでなく、各階にはデジタル作品展やグラビア部屋といった様々なお楽しみコンテンツが用意されています。

新型コロナウィルスの影響で外出を控えているコミックファンの方や、将来出版社への就職を夢みる方など、老若男女問わず楽しめるコンテンツとなっています。

 

 

ぐるぐるスピリッツ編集部

 

 

ぐるぐるスピリッツ編集部

 

 

制作を担当したのは面白法人カヤックで、Matterport(マーターポート)の3Dモデルに、WebGLを組み合わせたカヤック独自の機能拡張を実現しています。

 

小学館入口

 

小学館 受付

 

 

2階にある四つのバーチャルギャラリーでは「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中の作品や過去の人気作品の画像展示、アイドルのグラビア写真や動画展示の部屋などがあります。

 

ギャラリー画像と動画は、全て3D空間内に3Dオブジェとして配置してあります。

2階奥の「スピリッツバーチャル原画展」ではアニメーション化された名作マンガを楽しむことができます。

 

2階 バーチャルギャラリー

 

 

編集部員の実際のデスクを立体化し、連載マンガの原稿が完成してゆく過程を見られる「3Dデスク」。お気に入りのマンガ冊子をバーチャルな本棚に並べることが出来る「3D本棚」。秘密の部屋へ行くことができるパスワード集めなど、様々な仕掛けがMatterport(マーターポート)3Dモデルの中に隠されています。

 

カスタマイズによって新しい機能を追加できるようになれば、Matterport(マーターポート)3Dモデルにますます楽しさと可能性が広がりますね。

 

6階 編集部

 

3Dデスク

 

 

 

非対面ビジネス革命くん

Matterport撮影から、3Dコンテンツを使ったWebの企画制作までお任せ下さい

 

ヒューマンデジタルコンサルタンツ社では、Matterport(マーターポート)撮影だけでなく、VRや3Dモデルを活かしたWebプロモーション提案を致します。

Matterport(マーターポート)を使って売上を上げる活用法、経費削減の方法など、なんでもご相談下さい。

 

 

お問い合わせはこちら

 

資料請求はこちら

 

まずはヒューマンデジタルコンサルタンツへお問い合わせください!