Society 5.0とは、AIやIoT、ビッグデータ、ブロックチェーン、ロボット、自動運転などの革新技術を、様々な産業や社会に取り入れることにより実現する新たな未来社会の姿です。

狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)に続く、人類社会発展の歴史における5番目の新しい創造社会(超スマート社会)です。

 

この未来社会では、健康・医療、農業・食料、環境・気候変動、エネルギー、安全・防災、人やジェンダーの平等などの様々な社会的課題が解決され、国や人種、年齢、性別を越えて、必要な人に、必要なときに、必要なものが、必要なだけ提供される快適な暮らしが実現します。

サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会となると予測されています。

 

 

Society 1.0 狩猟社会

人々は自然と共生しており、野生の動物を狩猟し、植物や木の実を採集する生活を営んでいた原始社会のことです。農耕が開始された新石器時代まで、全ての人類は狩猟採集社会だったと考えられています。

 

 

 

Society 2.0 農耕社会

紀元前13,000年ごろ、穀物や野菜を育てる農業が始まります。農耕によって人々は定住して暮らすようになりました。定住地には大きな共同体が生まれ、社会基盤の形成が見られるようになります。

 

 

 

Society 3.0 工業社会18世紀末、蒸気機関の発明によって産業革命が起こり、機械の技術革新によって製品の大量生産が可能となり、農業中心の社会から工業に最適化された社会構造へと変化しました。

 

 

 

Society 4.0 情報社会20世紀後半、コンピュータの処理能力が向上し、インターネットの普及とスマートフォンなどの情報端末の進化によって、世界中の様々な情報にすばやくアクセスできるようになりました。

 

 

 

Society 5.0 創造社会現実世界の様々な端末が収集する膨大な情報(ビッグデータ)が、サイバー空間に蓄積されていきます。サイバー空間では、これらのビッグデータを人工知能(AI)が解析し、最先端の機械やサービスを通じて現実世界に展開されるようになります。

 

 

「Society 5.0(創造社会)」は、「Society 4.0(情報社会)」に続く新たな社会システムであり、日本政府が提唱する超スマート社会に向かうための変革の道筋を示すものです。

超スマート社会の実現に向けさまざまな変革を、DX(デジタルトランスフォーメーション)や科学技術イノベーションによって先導していくという想いが込められています。

経団連はSociety 5.0を「DX(デジタルトランスフォーメーション)と多様な人々の想像力・創造力の融合によって価値創造と課題解決を図り、自ら創造していく社会」と定義しています。

そして、DX(デジタルトランスフォーメーション)によって明るい未来社会を創りあげるというのが、Society 5.0のコンセプトとなっています。

 

ヒューマンデジタルコンサルタンツは御社のDX(デジタルトランスフォーメーション)実現へのお手伝いをいたします。

システム開発からWeb制作、SESまでデジタル分野のことなら、何でもお気軽にご相談下さい。

 

 

AI導入についてのお問い合わせはこちら

お気軽にヒューマンデジタルコンサルタンツへお問い合わせください!