今回は栃木県佐野市の大規模3Dモデル案件をご紹介いたします。

数年かけて建物をリノベーションするため、工事資料としての3Dデータが欲しいとの依頼で3Dモデルが作成されました。

かつて高校の校舎であったこの建物は、三階建てで50以上の教室があります。

室外撮影および広範囲での撮影のため、Matterport(マーターポート)とInsta360 ONE Xを複数台使っての撮影となっています。

そのうち600枚にもおよぶ静止画のデータは、全てInsta360 ONE Xでの撮影です。

これだけ精緻な3Dモデルがあれば、工事関係者が現場へ何度も足を運ばなくとも、事前に作業環境を確認することが出来ますね。

 

 

3Dカメラを使い分ける

二種類の3Dカメラを連携させて使うことによって、大幅なコストと時間の削減を図ることも出来ます。

 

Matterport Pro2Matterport Pro2 の撮影時間は1ポイントあたり30秒です。

1ポイントの撮影開始から撮影したデータがiPadに反映される時間が35秒かかります。

30秒+35秒で、合計65秒かかったことになります。

カメラの重さは、3.4kgとなります。

 

Insta360 ONE X一方、Insta360 ONE X の撮影時間は1ポイントあたり20秒です。

1ポイントの撮影開始から撮影したデータがiPadに反映される時間が10秒かかります。

15秒+10秒で、合計25秒かかったことになります。

カメラの重さは、110g(バッテリー有)となります。

 

たしかにInsta360 ONE Xの方が軽くて取り扱いやすいのですが、しかしながら3Dモデルの正確さと画像の美しさは、圧倒的に4Kで撮影するMatterport Pro2が格段に優れていますね。

撮影枚数の多い大規模案件においては、予算に応じて3Dカメラを使い分けるのが得策かと思います。

 

佐野市再生プロジェクト

 

広がるMatterport(マーターポート)の活用方法

Matterport(マーターポート)の使い方は、リッチな表現を求める広告や文化・学術コンテンツだけでなく、実用的な建設業になどにも幅広く対応できるのです!

3D上で計測ができるので、今後の新しいリノベーション工法の先駆けになるかもしれませんね。

映画やテレビ番組のロケ地としても使われている、この建物が生まれ変わった姿を見られる日も近いことでしょう。

 

佐野市再生プロジェクト

 

 

新たな3D表現の世界を切り開く、Matterport(マーターポート)の素晴らしさをご理解いただけたでしょうか。
ヒューマンデジタルコンサルタンツ社では、Matterport(マーターポート)撮影だけでなく、VRや3Dモデルを活かしたWebプロモーション提案を致します。

Matterport(マーターポート)を使って売上をアップさせる活用法、経費削減の方法など、なんでもご相談下さい。

Matterport(マーターポート)購入や、撮影代行、システム導入のご相談など当社で受け付けております。

 

 

お問い合わせはこちら

 

資料請求はこちら

まずはヒューマンデジタルコンサルタンツへお問い合わせください!