Matterport Pro2 3D Camera

今回はMatterport(マーターポート)の3Dモデルの特長である赤外線3Dスキャンについてお話しします。

Matterport Pro2 3D Cameraのいちばん左にある赤いカメラアイは、赤外線による3Dスキャニングを行うものです。

それによって作成された3Dモデルには下記のような機能があります。

 

 

赤外線で測定された3次元メッシュモデルを作成

GoogleやRichoなど他社の360° カメラは、正確には2D画像をつなぎ合わせることによって3D空間を表現しています。

一方Matterport(マーターポート)のPro2 3D Cameraは、赤外線を使って三次元のデータをスキャンし、実在の数値を持った3次元メッシュモデルを構築します。

その3次元メッシュモデルに360° を6面で撮影された4K画像との3D合成を行っているため、バーチャル空間内の臨場感に優れています。

Matterport(マーターポート)のすごいところは、その他にも沢山あります。

 

3次元メッシュモデル

©Matterport

 

ドールハウスとフロアプランの独自の俯瞰図で見られる

赤外線測定による正確な3Dモデルが作成されるため、様々な角度から見ることが可能となります。

ドールハウスモードでは、まさに人形の家のように手に取って3Dモデルをあらゆる角度から見ることが出来ますよ!

フロアプランモードでは、多層になった3Dモデルを上から各階ごとに順番に表示を切り替えることができます。

ショッピングモールや博物館、美術館の館内表現に最適です。

正確な距離表現

赤外線を使って正確に測定(誤差1%未満)されているので、計測機能を使えば3D空間内の建物や家具の寸法を測ることが可能です。

従来の3Dレーザースキャナーで計測した点群や、各部分の寸法計測結果から、BIM(Building Information Modeling:建築物の3Dモデリングによる総合計画)を作成するのは、大変な手間ひまとコストがかかっていましたね。

今や大成建設など大手建設会社でもMatterport(マーターポート)の導入が進んでいます。

様々なサービスとの連携

Matterport(マーターポート)は3Dモデル内にリンクを設置できるので、様々なサービスとの連携が可能です。

Matterport(マーターポート)社は2017年からGoogleの正式なパートナーとなっています。

Googleストリートビュー(インドアビュー)への変換機能もあり、Google マップへ掲載することが可能です。

レストランなど飲食店のWebサイトアクセス向上に効果抜群ですね!

 

 

バーチャルリアリティ

 

 

ヒューマンデジタルコンサルタンツ社の3Dモデル作成パッケージ「非対面ビジネス革命くん」では、Matterport(マーターポート)撮影だけでなく、VRや3Dモデルを活かしたWebプロモーション提案を致します。

非対面ビジネスにおいて売上をアップさせる施策、経費削減の方法など、なんでもご相談下さい。

Matterport(マーターポート)購入や、撮影代行、システム導入のご相談など当社で受け付けております。

 

 

お問い合わせはこちら

 

資料請求はこちら

まずはヒューマンデジタルコンサルタンツへお問い合わせください!