今回は静岡県にある浜松市楽器博物館のサイトをご紹介いたします。

浜松市楽器博物館は、1981年より浜松市が進める「音楽のまちづくり」の一環として1995年に設立された我が国初の公立楽器博物館です。

「世界の楽器を偏りなく平等に展示して、楽器を通して人間の知恵と感性を探る」というコンセプトを基本に、ヨーロッパをはじめアジアやアフリカまで世界中の楽器が展示されています。

世界の楽器を約3,300点所蔵(ヨーロッパ1,750点、アジア630点、オセアニア160点、アフリカ230点、アメリカ200点、日本330点)し、1,500点を常設展示しています。

楽器の展示だけでなく、視聴機器による音の紹介と解説、体験ルームでの演奏体験と、「みる・きく・ふれる」ことができる博物館です。

 

浜松市楽器博物館 ロゴ

浜松市楽器博物館 バーチャルミュージアム

 

第1展示室にはアジアと日本の楽器、第2展示室にはオセアニアとアフリカ、アメリカ、ヨーロッパの楽器、地下一階の第3展示室にはヨーロッパの鍵盤楽器、第4展示室には国産洋楽器と電子楽器が展示されています。

Matterport(マーターポート)3Dモデルでは、各楽器コーナーへのビューポイントと動画へのリンクがふんだんに用意されています。

 

画像提供:浜松市楽器博物館

 

Dollhouse Viewドールハウスビュー

一階と地下一階に広がる浜松市楽器博物館のドールハウスビュー。

 

浜松市楽器博物館 入口

一階エントランス。

 

浜松市楽器博物館 ガムラン

インドネシアのガムラン。大・中・小のさまざまな銅鑼や鍵盤打楽器による合奏が行われます。

 

浜松市楽器博物館 チェンバロ

チェンバロ他、古典鍵盤楽器コレクションは施された装飾も見事です。

 

浜松市楽器博物館 馬頭琴

哀愁を帯びた音色で知られるモンゴルの馬頭琴のコレクション。映像による馬頭琴演奏も楽しめます。

 

浜松市楽器博物館 電子楽器

MOOGやRolandの巨大なアナログシンセサイザーは別命「箪笥」と呼ばれていました。

 

2010年にリニューアルされた電子楽器コーナーには、シンセサイザー、ハモンドオルガン、エレクトリックピアノ、ギターシンセなど、時代を代表する数々の名機が展示されています。

電子オルガンの代名詞となった「エレクトーンD1」は、浜松市の日本楽器製造(現ヤマハ)が1959年に発売した記念すべきモデルです。

 

Matterport(マーターポート)の3Dモデル(デジタルツイン)を使えば、パソコンの前にいながらにして世界中を旅しながら民族音楽の世界に浸ることができますね。

観光分野はもちろんのこと、教育分野でもMatterport(マーターポート)は、ますます活用されていくことでしょう。

 

 

非対面ビジネス革命くん

Matterport撮影から、3Dコンテンツを使ったWebの企画制作までお任せ下さい

 

ヒューマンデジタルコンサルタンツ社では、Matterport(マーターポート)撮影だけでなく、VRや3Dモデルを活かしたWebプロモーション提案を致します。

 

 

お問い合わせはこちら

 

資料請求はこちら

 

まずはヒューマンデジタルコンサルタンツへお問い合わせください!