マーケティングには「プッシュ型」「プル型」と二つのタイプがあります。

直訳すると「プッシュ(Push)=押す」「プル(Pull)=引く」といった意味になります。

Webマーケティングを効率よく成功させる為には、このプッシュ型とプル型の施策をバランスよく行うことをおすすめします。

 

プッシュ型とプル型について

プッシュ型について

プッシュ型とは、広告主側で決めたタイミングでユーザーに情報を伝えていくもの。
ユーザーはその意思に関係なく、受動的に情報を受け取る。

 

・特徴

不特定多数のターゲットに向けて一斉に情報提供ができ、認知度アップやブランディングに効果的だが運用コストが高い。

 

・例

メディア:テレビ、新聞、ラジオなど
広告:テレビ・ラジオなどのCM、新聞・雑誌広告、折り込みチラシ、メルマガ、FAX、DMなど
営業:訪問(飛び込み)営業、電話営業など

プル型について

プル型とは、ユーザーが自ら能動的に情報を取りに行くもの。

 

・特徴

プッシュ型と比べて運用コストが安く、情報提供のタイミングに制限がないが即効性に乏しい。

 

・例

メディア:インターネット(検索)、SNS、YouTubeなど
広告:SEO、リスティング広告、バナー広告、テキスト広告など
営業:紹介、口コミ、展示会、セミナー、ショールームなど

プッシュ型からプル型へ、インバウンドマーケティングの導入

インターネットの登場により、マスメディア広告から垂れ流されてくる情報を受け止めるだけでしかなかった消費者が、検索エンジンを使うことで能動的に情報を収集するようになりました。

今や「新商品情報の入手経路」はテレビ・雑誌広告や店頭よりも、インターネット検索が多いとのデータが示されています。

この傾向はBtoBにおける場合においても同じで、顧客企業は営業マンにコンタクトする前に、インターネット経由で情報を収集しています。

テレビCMはスキップされ、メールマガジンは読まれずにゴミ箱行きで、ユーザーに広告と思われると無視される傾向が強くなっています。

ブラウザーの広告ブロック機能を使うユーザーが増え、バナー広告のクリック率は年々下がっています。

従来のプッシュ型の広告手法や販売手法ではなく、お客さんに「見つけてもらう」ことを目指すプル型のマーケティングをインバウンドマーケティングと呼びます。

 

インバウンド

 

インバウンドマーケティングではリスティング広告やSEO対策により、見込顧客が自らアプローチしてくるように設定します。

その特徴としては自社の製品やサービスを前面に出す宣伝広告ではなく、課題そのものを認識させるような提案広告を打ちます。

ユーザーを自社のWebサイトやオウンドメディアに訪問してもらい、「顧客が欲しい情報」を提供し共感を得るところから始まります。

あらかじめユーザーが困っていることや調べたいことをキーワードとしてコンテンツに取り入れることで、興味や関心の高い人たちだけを検索エンジン経由で自社のWebサイトへ誘導することが可能になります。

しかしながら、流入元として検索エンジンが大きなウェイトを占めることを想定するとSEOの知識が必要になってきますし、その効果が現れるまでに最低でも三ヶ月はかかります

インバウンドマーケティングは効果がでるまで時間はかかりますが、ビジネスブログは継続すればするほど有益な情報がWebサイトに蓄積されるので、お客さんに見つけられた時に信頼感を持たれやすいです。

プル型のビジネスブログで集客し、プッシュ型メルマガの読者を増やせるようになれば相乗効果が見込めます。

長期的な視点を持ち、ターゲットユーザーにあった施策で、地道に有益なコンテンツを発信していきましょう。

 

当社は効果的なSEOやWeb広告をお望みの、Web担当者様のお力になりたいと願っております。

お気軽にヒューマンデジタルコンサルタンツ社へお問い合わせください!

 

 

AI導入についてのお問い合わせはこちら