QuickTime Authoring Studio360°パノラマVRの始まりは、1995年にAppleが開発したQuickTime VRという技術です。

しかし、1990年代はWindowsが全盛期の時代で、QuickTime VR動画作成ツールは「QuickTime Authoring Studio」のみでまだ発展途上な状況でした。

Webサイトで楽しむにはブラウザーにQuickTimeプラグインをインストールする手間が必要であり、なかなか普及しませんでした。

 

製作機材の点においては、デジタルカメラもまだ普及しておらず、8〜16枚の分割撮影された画像を、アプリを使って合成する作業はかなりの手間暇がかかっています。

1998年パリのルーブル美術館のWebサイトで、館内の360°パノラマVRツアーが公開され、世界中の人々の注目を集めました。

同じ頃にLivePictureなどAppleのQuickTimeの他にも360°パノラマVRを作成出来るツールが登場し、VR業界が徐々に始動しはじめました。

 

しかしながら、なかなか普及が進まない最大のネックは、インターネットの通信速度の問題でした。

当時最速のISDN回線は64Kbpsで、今では一般的な光回線の100Mbpsに比べると100倍以上の差があります。

せっかく苦労して高画質な360°パノラマVR動画を作成しても、Webサイトで公開するのは1MB以下の低画質な360°パノラマVR動画となってしまいます。

サードパーティーも続々と参入しVR業界は活況を見せてきましたが、先導者であるAppleがQuickTime VRの開発を止めてしまいました。

 

Google ストリートビュー撮影車

© Kawasaki ichiro

2007年Google Mapにサービス追加されたGoogle ストリートビューにより、360°パノラマVRの認知度が一気にアップしました。

それまでの画像合成作業が無くなり、撮影するだけで360°パノラマVRが仕上がります。

Google ストリートビュー撮影車に乗ったままシャッターを1回切るだけで 、360° のパノラマ写真を撮影できる全天球カメラはかなり高価で、ストリートビュー撮影できる業者もまだ限られていました。

しかし、2013年にリコーのTHETAの初代モデルが発売され、安価な機材で360°パノラマVRが作成出来るようになり、一般のユーザー数もだんだんと増えて来ました。

そしてAppleのiPhoneにおいても、iOS 6の新機能として「パノラマ撮影」が搭載され、再び注目されました。

 

今やインターネット回線スピード的問題は解消され、OSやブラウザーも日々進化を遂げています。

精美な4Kの高解像度を売りとするMatterport(マーターポート)の3Dモデルは、PCやタブレット、スマホなどデバイスを全く問いません。

Matterport(マーターポート)の現地撮影からWebへの公開までわずか3日と言う製作スピードは驚異的ですね。

 

ヒューマンデジタルコンサルタンツ社の3Dモデル作成パッケージ「非対面ビジネス革命くん」では、Matterport(マーターポート)撮影だけでなく、VRや3Dモデルを活かしたWebプロモーション提案を致します。

非対面ビジネスにおいて売上をアップさせる施策、経費削減の方法など、なんでもご相談下さい。

Matterport(マーターポート)購入や、撮影代行、システム導入のご相談など当社で受け付けております。

 

 

お問い合わせはこちら

 

資料請求はこちら

まずはヒューマンデジタルコンサルタンツへお問い合わせください!