新型コロナウィルス禍による外出自粛は5月になっても延長され、学校行事をはじめ様々なイベントが中止となり、ビジネス的にも大きな痛手を受けています。(2020年5月7日時点)

今回はそんな困難な状況を克服することが出来る、とても優れたツールの1つをご紹介します。

それはVirtual Reality(仮想現実)空間を構築できるMatterport(マーターポート)と言う3Dモデル作成ツールです。

自宅にいながら不動産物件の中を歩いて回ったり、ECサイト店舗の中にある商品を見て購入することも可能になります。

最近は国立科学博物館やオープンキャンパスなど文化・教育の分野においても注目を集めていますね。

 

Matterport(マーターポート)とは?

Matterport(マーターポート)とは、米国サンフランシスコのMatterport社が発売している4K3D対応カメラと画像自動合成処理クラウドサービスのことです。

カメラの機能としては、Google Streetviewのような360°(全天球)カメラとは異なり、撮影と同時に3Dデータを計測し作成します。

 

つまりカメラとしてだけでなく実際の寸法データまで計測しているので、天地左右から奥行きまで現実の空間を1つのデータの中にぎゅぎゅっと閉じ込めてしまうかのようです。

そのデータを利用すれば、流行のVRモニターで体験したり、PC・スマホ・タブレットなどの画面上で3Dビューを確認することなど楽しみ方は盛り沢山!

 

 

Matterport Pro2Matterport(マーターポート)は6つのカメラで撮影をします。1スポットにつき60°ずつ、6回シャッターを切ります。

6つのカメラで同時に撮影された画像をつなぎ合わせることで、人間が普段見ているようなリアルな立体写真を作ります。

最新のMatterport(マーターポート)カメラはなんと4K画質なので、他の3Dツールと比べて格段に高精細でリアルな撮影ができちゃいます!

 

 

そしてGoogle ストリートビューへの掲載も可能なので、作成した3Dモデルを多くの人に見てもらえます。

飲食店やショップ経営者の方は、より詳しい情報をお客様に提供し他店との差別化が出来るので、実店舗へのアクセスを伸ばすチャンスです!

2つの俯瞰モードで全体を見ることができる!

撮影した3D画像は、ドールハウス(Doll House)フロアプラン(Floor Plan)という二種類の俯瞰モードで見ることができます。

マーターポートの最も特筆すべき機能とも言えるドールハウスでは、まさに人形の家を手に持ってグルグルと回しているかのようです。

 

ドールハウス

ドールハウスモード

 

もう一方のフロアプランではその家を階数ごとに、上からの視点で覗くことができます。

 

フロアプラン 一階

フロアプランモード(一階)

 

フロアプラン 二階

フロアプランモード(二階)

 

作成された3Dモデルは、正確な寸法を表現しているので、管理画面の「ものさし機能」を使えば正確な距離をVR画面上で測ることも可能なんです。

部屋のサイズが分かれば、家具の置き場所などをどうするか、あらかじめ検討可能ですね。

早くて簡単、そしてキレイ!

マーターポートを使用すると、美しいインタラクティブ3Dモデルを簡単に、そして手頃な価格で撮影・製作し、そしてWebへの配信が行えます。

不動産やECサイトなど国内のユーザーの数もどんどん増えているようですね。

Matterport(マーターポート)が従来のVR作成ツールより優れたところは、3D画像作成後のオーサリング作業が格段に省けることです。

一般的な住居程度であれば、撮影からWeb公開までなんと一週間以内で行うことも可能です。

このスピード感こそMatterport(マーターポート)の強みです!

 

以下に導入企業の実例をいくつか紹介しますのでご覧になって下さい。

SUUMOの例:自宅にいながら臨場感のある見学ができる

https://suumo.jp/tokushu/matterport/

 

SUUMOのサイトにある「注文住宅」コンテンツ内では、建築実例がMatterport(マーターポート)による臨場感あふれる立体のデータで紹介されています。

このサイトでは二階建ての注文住宅がマーターポートを使って作成されており、ドールハウスとフロアマップの二つのモードで鑑賞できます。

ドールハウスモードであらゆる角度から住宅の構造を見ることができ、フロアマップでは各階の配置を確認できます。

 

suumo 注文住宅

建築実例:自然素材をふんだんに活用した、年月を経るごとに一層味わいが深まる、北欧テイストの家

 

そこで、モデル内のの見たい個所ををクリックすると各部屋へズームイン!

各所の床に見える白い円は、360度の高画質3D画像が見られるポイントです。

 

リビング

 

ぜひとも注文住宅を検討する際の参考として下さい。

気になった建築実例には実際に見学に行くことが出来ますよ。

 

越谷レイクタウン住宅展示場の例:現地へ行く前に3D体験

https://koshigaya-laketown.com/

 

こちらの住宅展示場はすべてイベントが中止となっていますが、5つのモデルルーム(一条工務店、セナリオハウス、桧家住宅、イオスホーム、積水ハウス)をMatterport(マーターポート)にて内覧することができます。

 

越谷レイクタウン 住宅展示場

 

各社それぞれ趣向を凝らした建築デザインなので、住宅の比較検討が容易に出来ますね。

以下のモデルルームのように、広々とした間取りの住宅であることを体験できます。

まさに自宅に居ながらにして、新居を購入できる時代の到来です!

 

モデルルーム

 

 

新たな3D表現の世界を切り開く、Matterport(マーターポート)の素晴らしさをご理解いただけたでしょうか。
ヒューマンデジタルコンサルタンツ社では、Matterport(マーターポート)撮影だけでなく、VRや3Dモデルを活かしたWebプロモーション提案を致します。

Matterport(マーターポート)を使って売上を上げる活用法、経費削減の方法など、なんでもご相談下さい。

 

お問い合わせはこちら

 

資料請求はこちら

まずはヒューマンデジタルコンサルタンツへお問い合わせください!